/

この記事は会員限定です

故郷の言葉 小説家 小山田浩子

[有料会員限定]

夏が始まるころ、古そうな個人商店で買い物をした。店内には大きな蚊が複数入りこんでいるようだった。戸口は開け放たれ、レジの奥で扇風機が回っている。蚊を気にしながら応対してくれた年配の女性は広島弁ではない方言を話した。語彙や語尾というよりイントネーションが違う。いくらここが広島の田舎だと言ったって、普通に標準語を話す人もいるし、要はみんながみんな広島弁なわけでもない。が、彼女の口調が気になったのは、そ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1180文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン