/

この記事は会員限定です

「来期までに黒字化目指す」 大戸屋HD 三森取締役インタビュー

[有料会員限定]

コロワイド傘下の大戸屋ホールディングスは4日、経営陣を刷新した。新たに取締役に就任した創業家出身の三森智仁氏が日本経済新聞の取材に応じ「コロワイドの下で経営合理化を進め、2022年3月期までに黒字化させる」との考えを明らかにした。ただ、TOB(株式公開買い付け)を強攻したコロワイドへの反発は根強い。社内融和が新たな経営陣の優先課題となりそうだ。

4日に都内で開いた株主総会で、コロワイドが提案していた大戸屋HDの窪田健一社長など取...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り729文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン