/

この記事は会員限定です

地銀改革、統合だけでは不十分 吉沢亮二氏

米S&Pグローバル・レーティング シニア・ディレクター

[有料会員限定]

菅政権が発足し、地方銀行の経営統合に関する議論が活性化している。非効率な銀行が温存されているために過当競争が是正されず、地銀の体力低下を招いているという見方があるからだ。しかし、単なる経営統合のみでは状況の改善には不十分である。

この問題の本質は、地銀の収益性が低いことにある。それには主に3つの理由が考えられる。(1)利ざや収入への依存による収益源の多角化の遅れ、(2)小規模な地銀の乱立によるスケ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り983文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン