/

この記事は会員限定です

神戸港、国内クルーズに照準 20年は7割超減も打開へ

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの影響で8カ月以上止まっていたクルーズ船の運航が2日に神戸港で再開し、航海を終えた船が4日帰港した。神戸港の2019年のクルーズ船入港数は全国7位、関西では最多の134隻だった。20年は7割超減まで落ち込む見通し。当面は外国船の寄港が見込めないなか、国内客に照準を合わせた高付加価値のツアー商品開発などが課題になる。

「再開を待ち望んでいた。『動くホテル』は私たちシニアにはぴったり...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1565文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン