/

この記事は会員限定です

国産ナフサ、2割上昇 7~9月 需要回復で2四半期ぶりに値上がり

[有料会員限定]

合成樹脂など石油化学製品の基礎原料となるナフサ(粗製ガソリン)の国産価格が上昇した。7~9月期は1キロリットル3万200円と、4~6月期に比べ5200円(20.8%)高い。値上がりは2四半期ぶり。新型コロナウイルス禍から経済の立ち直りが早かった中国で石化需要が回復し、ナフサ価格も上昇したことを映した。

国産ナフサの価格は四半期ごとの平均輸入価格に連動して決まり、合成樹脂など化学品の国内取引の指標と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り241文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン