/

この記事は会員限定です

米の郵便投票、制度は問題なし 中山俊宏・慶大教授

[有料会員限定]

3日投開票の米大統領選は大接戦となった。今後の行方を米国の政治や選挙制度に詳しい中山俊宏慶大教授に聞いた。

トランプ大統領、バイデン前副大統領の両者が4日未明に出した声明からは「負けを認めるつもりはない」との強いメッセージを感じた。両者が声明を出したことで大統領選が長期戦になる可能性が強まった。

トランプ氏が再選するにはかろうじて勝つシナリオしかなかった。フロリダ州で勝利したことで、陣営は勢いづく...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り539文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経電子版の「アメリカ大統領選挙2020」はアメリカ大統領選挙のニュースを一覧できます。データや分析に基づいて米国の政治、経済、社会などに走る分断の実相に迫りつつ、大統領選の行方を追いかけます。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン