/

この記事は会員限定です

桐生選手の靴など炭素繊維の用途拡大 サンコロナ小田

[有料会員限定]

繊維加工を手掛けるサンコロナ小田(大阪市)が開発した炭素繊維複合素材の用途が広がっている。アシックスの「スパイクなし」シューズの靴底に採用され、桐生祥秀選手も公式戦で着用。扱いにくいとされる素材の成形を可能にしたのは、主力のカーテンやウエディングドレス向け素材で培った糸を細くする加工技術だ。

6月にアシックスから発売された「メタスプリント」。靴底はスパイクではなく、蜂の巣のような複雑な立体構造だ。靴底全体で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り732文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン