/

この記事は会員限定です

西武HD、ホテルの苦境際立つ 固定費削減で持久戦

証券部 堤健太郎

[有料会員限定]

西武ホールディングス(HD)のホテル事業の苦境が際立っている。コロナ前で売上高の約4割と他の大手私鉄よりホテル事業の存在感が大きく、新型コロナウイルス禍による外出自粛の影響で売上高が固定費を大幅に下回った。国内宿泊客に持ち直しの兆しがあり、固定費削減を進めて赤字脱却への持久戦に挑む。

西武鉄道の主要ターミナル駅、西武新宿駅と同じ高層ビルに入る「新宿プリンスホテル」。夜、建物の側面に多く並ぶ窓に明かりはない。コロナ禍に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1604文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン