/

この記事は会員限定です

大統領選、「強気個人」に火 マザーズ大幅高 ベテラン勢は慎重

[有料会員限定]

4日の東京市場は米大統領選挙の開票状況を見ながら売買する展開となった。個人投資家の脳裏には、2016年の前回選挙時に株価が乱高下した「悪夢」がある。ところが、意外と早く決着しそうだとの見方が浮上すると、午後はせきを切ったように買いに動いた。10月中旬以降は慎重さが目立ったが、選挙をきっかけに強気姿勢が戻りそうだ。

「フロリダ州でトランプ氏が優勢になってきたならIT(情報技術)銘柄を買っておくか」。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1051文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン