/

この記事は会員限定です

野村不動産、ベトナムで大規模開発に参画、マンション3000戸

[有料会員限定]

野村不動産はベトナムで現地デベロッパーが進める大規模都市開発事業に参画する。全体敷地約500万平方メートルのベトナム最大規模の開発案件で、野村不動産は2025年までに総戸数約3000戸の分譲マンションを建設する。ベトナムは新型コロナウイルスの短期封じ込めに成功し個人消費が回復傾向にあり、住宅需要の取り込みを図る。

現地デベロッパーのエコパーク社がハノイ市南東のフンエン省で30年完成予定の開発事業「...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り352文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン