/

東芝系インバーター搭載エアコン、米学会が認定

インバーター搭載のエアコンが米学会の「IEEEマイルストーン」に認定された

東芝傘下の空調事業子会社、東芝キヤリア(川崎市)は4日、米電気電子技術者協会(IEEE)から電気関連技術の歴史的な業績を表彰する「IEEEマイルストーン」に認定されたと発表した。対象は、同社が1980年と81年にそれぞれ開発・量産化した業務用と家庭用のインバーター搭載のエアコン。従来式と比べてエネルギー効率が高い点が評価されたという。

インバーター搭載のエアコンは、同社が世界で初めて開発・量産化したとしており、温度調整を細かくできて省エネにつながる。東芝キヤリアによると、IEEEマイルストーンの認定は空調業界で初めてという。

東芝グループでの認定は3件目。2008年に日本語ワードプロセッサー、13年にはヒザの上に乗せて使える「ラップトップパソコン」の認定を受けた。(矢尾隆行)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン