/

官房長官、米大統領選「接戦を注視」

加藤勝信官房長官は4日の記者会見で、開票が進む米大統領選について「かなり接戦が繰り広げられていると承知している」と述べた。「日本政府としても選挙結果の動向、様々な影響について引き続き高い関心を持って注視する」と語った。

当選者の決定までに時間を要する可能性を踏まえ「祝意などは適切なタイミングに日本政府としておこなっていきたい」と強調した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン