/

この記事は会員限定です

ユニクロ、10月売上高は16%増

[有料会員限定]

ファーストリテイリングが4日発表したカジュアル衣料品店「ユニクロ」の10月の国内既存店(直営店、EC含む)の売上高は、前年同月比で16.2%増えた。5カ月連続のプラスとなり、9月(10.0%増)より増加幅が拡大した。肌寒い日が多く秋冬商品が好調だった。一方、欧州では新型コロナウイルスの感染再拡大で店舗の再休業が広がっている。

10月の国内売上高が2ケタ増と好調な理由には、2019年10月が台風19号など悪天候の日が多か...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り388文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン