/

この記事は会員限定です

医療費審査、地域差縮小へ一歩 21年9月にシステム統一

[有料会員限定]

厚生労働省は医療機関による診療報酬の請求内容が適切かどうかを審査するシステムを2021年9月に全国で統一する。現行システムは都道府県ごとに独立し、地域によって審査基準がばらつき、同じ医療内容でも患者の負担額が変わることがある。医療の無駄や患者の不利益を生むため、菅義偉政権が進める政府のデジタル化の一環として改善に取り組む。

刷新するのは、厚労省が所管する特別民間法人「社会保険診療報酬支払基金(支払...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1203文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン