/

この記事は会員限定です

トヨタのサブスク申し込み8倍 7~9月、割安感に支持

[有料会員限定]

トヨタ自動車の車のサブスクリプション(定額課金)「キント」が好調だ。新型コロナウイルス禍で国内新車市場は落ち込んだが、2020年7~9月までに申込件数が約3700件と前年同期と比べて約8倍に伸びた。認知度の引き上げ策やプラン拡充が奏功し、割安感を重視する若年層を呼び込んだようだ。他社も力を入れており、車のサブスク市場がじわり広がり始めている。

トヨタが毎月定額の料金で一定期間新車に乗れる新サービス「キント・ワ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1752文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン