/

この記事は会員限定です

思想と映画とジャズと 陣野俊史氏が選ぶ3冊

浅草迄 北野武著

[有料会員限定]

小説家・北野武による3篇からなる小説集。子供時代のことを描いた「足立区島根町」、高校から大学にかけての生活を下敷きにした「浅草迄」、そして書き下ろしエッセイ「随想――浅草商店街」を収める。

表題作がいい。都立高校での盛り上がらない暮らしを経て、明治大学工学部(現・理工学部)に入ったものの、工学部は川崎市生田へ移転。遠い距離を通い始めるが、大学より頻繁に新宿のジャズ喫茶へ通う日々が続く。そこで出会っ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り404文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン