/

この記事は会員限定です

運休・減便続く首都圏高速バス 「Go To」も効果薄く

[有料会員限定]

首都圏発着の高速バスの利用が低迷している。新型コロナウイルスの影響で運休・減便がなお続き、主要バスターミナルでは便数、利用客数とも前年割れが続く。政府の観光支援事業「Go To トラベル」効果が出ていない事業者が多く、先行きのみえない状態が続いている。

新宿駅に直結する国内最大級のバスターミナル「バスタ新宿」の10月25~31日の発着便数は1日平均で795便。前年同期に比べて47%減と厳しい状況が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1088文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン