/

この記事は会員限定です

スズキ、船外機で海洋プラ回収装置 環境配慮を推進

[有料会員限定]

スズキは海洋汚染をもたらす微小なプラスチックを船の外付けエンジンである船外機で回収する装置を開発した。同装置の開発は世界初。世界各地で関心を高めている海洋プラスチック問題に対応する。環境配慮を将来のブランド力につなげる狙いもある。

10月上旬の浜名湖西岸にある「スズキマリーナ浜名湖」(静岡県湖西市)で、スズキは微小なプラスチックの回収装置を取り付けた船外機を報道陣に公開した。この船外機を設置した船で湖上...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り955文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン