/

この記事は会員限定です

東証システム障害から1カ月、取引再開ルールに課題山積

[有料会員限定]

東京証券取引所で10月1日に大規模なシステム障害が発生してから1カ月余りが経過した。終日売買を再開できなかったのは、停止中に滞留した売買注文の処理を巡る混乱だ。東証は証券会社らとつくった協議会で滞留した注文の処理方法について検討を進めている。だが、海外の主要取引所は再開後に約定が正常にできない事態にまで備えを整えており、検討すべき課題は山積している。

「売買を再開するルールが明文化され...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1325文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン