/

この記事は会員限定です

日銀、自縄自縛の「脱LIBOR」

[有料会員限定]

日銀や金融庁から『取引を盛り上げろ』と金融機関にムチが入っているのではないか」。ある証券会社幹部は金融市場の一角で起きている異変に強い関心を寄せる。

舞台となったのは投資家が政策金利の変更を見越し、固定金利と変動金利を交換する翌日物金利スワップ(OIS)と呼ぶ取引。日本証券クリアリング機構によると、月1兆~3兆円程度が続いた取引高は10月に6兆4千億円と急増した。米連邦準備理事会(FRB)をはじめ、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り877文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン