/

この記事は会員限定です

川崎の電車とバスの博物館 ワザ必須の模擬運転人気

ぐるっと首都圏

[有料会員限定]

東急電鉄が運営する「電車とバスの博物館」(川崎市)は10月から、土休日の営業も再開した。様々な運転シミュレーターを体験できるのが特長で、大人から子供まで家族そろって楽しめる。

館内で最も人気を集めるのは東急電鉄の運転士養成にも使われている本格的な「8090系運転シミュレーター」だ。

運転室と同じつくりで、田園都市線、大井町線、東横線の好きな区間や各停、急行の選択が可能。ノーマルモードのほか、大勢の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り704文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン