/

この記事は会員限定です

データセンター、陸から海へ シンガポールが挑む

複合企業ケッペル、構想本格化

[有料会員限定]

【シンガポール=谷繭子】シンガポールの政府系複合企業、ケッペル・コーポレーションによる海上データセンター(DC)構想が動き出した。海水を冷却に活用することでエネルギー使用量が陸上型より少ないのが特徴。国土が狭いシンガポールでは用地不足を解消する手段として期待が高い。海上型DCは米国企業も開発を進めており、実用段階になれば各地に広がる可能性がある。

シンガポール東部のロイヤン地区。ここでケッペルはオーストラリアの物流大手、トール・ホールディングスと組み、海上...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1708文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン