/

この記事は会員限定です

国産木材、民間・中高層の建築へ広がり 耐火性能が向上

軽量・短工期で自給率アップに貢献期待 課題はコスト

[有料会員限定]

建築市場で国産木材の活用が一段と進んできた。国の利用促進策で公共建築物を中心に木造化が進んだほか、オフィスビルなど民間の中高層の建物にも木製の構造材が使われ始めた。コスト高を克服できれば、日本の木材自給率はさらに高まる。

林野庁によると、日本で建材や燃料、製紙などに使う木材のうち国産材の割合を示す木材自給率は2019年に37.8%と18年比で1.2ポイント上昇した。上昇は9年連続。輸入材の増加で0...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り985文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン