/

この記事は会員限定です

アント上場延期、当局が異例の介入 影響力を警戒か

[有料会員限定]

【香港=木原雄士】アリババ集団傘下の金融会社、アント・グループが大型上場を延期したのは、中国当局がアントの影響力を警戒したためとの見方が出ている。取引所が上場を承認した後に当局が「介入」に乗り出すのは異例で、投資家の間で中国市場への不信につながる可能性もある。

アントのスマートフォン決済サービス「アリペイ(支付宝)」の利用者は10億人を超え、6月末までの1年間の決済総額は118兆元(約1850兆円...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り612文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン