/

この記事は会員限定です

首相、初訪米の時期探る 「強固な関係」示す狙い

(更新) [有料会員限定]

菅義偉首相は3日投開票の米大統領選の状況を見極めながら初訪米の時期を探る。バイデン前副大統領が当選なら正式に就任する2021年1月以降の公算が大きい。トランプ大統領の再選なら年内も含めた早期会談を探る。新大統領との信頼関係を早期に築き強固な日米同盟を世界に示す。

9月に就任したばかりの首相にとって最大の外交課題は唯一の同盟国である米国の新大統領との関係構築となる。

安倍晋三前首相は2016年11月...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1232文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン