/

この記事は会員限定です

蓄電池開発、中韓勢が圧倒 日本は軽量・容量増に活路

温暖化ガス 2050年ゼロへの道(2)

(更新) [有料会員限定]

1991年、ソニーが世界に先駆けてリチウムイオン電池を実用化した日本。再生可能エネルギーの大量導入を迫られる今こそ、国産電池の出番だが、中国・韓国勢に圧倒され、その輝きは失われかけている。電池大国の復活は、2050年の温暖化ガス排出ゼロ目標達成の条件になる。

太陽光などの再エネは出力が安定せず、作った電気をいかに蓄えられるが普及のカギを握る。それには蓄電池が欠かせない。再エネの活用が進めば、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り746文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン