/

この記事は会員限定です

サービス業、2020年度16.7%減収見込み 本社調査

ハレの日関連厳しく

[有料会員限定]

日本経済新聞社がまとめたサービス業の業況調査で35業種中23業種が2020年度に減収を見込んでいることが分かった。19年度と比較可能な回答463社の合計売上高は前年度比16.7%減の見込み。新型コロナウイルスの感染拡大をうけ営業縮小などの対応をとることが響く。21年度の採用計画の変更を見込む企業も2割にのぼり、雇用環境の悪化も懸念される。(詳細を4日付日経MJに)

「第38回サービス業調査」は19...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り448文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン