/

皇居で文化勲章親授式 彫刻の澄川さんら3人出席

(更新)
文化勲章の親授式を終え、記念写真に納まる(左から)奥田小由女さん、澄川喜一さん、久保田淳さん(3日、宮殿・東庭)=代表撮影

文化の日の3日、文化勲章の親授式が皇居・宮殿で開かれた。彫刻の澄川喜一さん(89)、日本文学の久保田淳さん(87)、工芸(人形)の奥田小由女さん(83)の3人が出席し、天皇陛下から勲章が授与された。受章者はほかに脚本の橋田寿賀子さん(95)、物性物理学の近藤淳さん(90)。

式後、陛下は「長年努力を重ね、大きな業績を収められ、文化の向上に尽くされたことを誠に喜ばしく思います」と述べられた。

受章者は宮内庁で記者会見し、澄川さんは「大変光栄。命の続く限りいろいろなことをやってみたい」と喜んだ。奥田さんは「これからますます日本の良さを世界に発信できるように努めてまいりたい」と決意を語った。

例年は皇居で受章者を招いた茶会が開かれるが、今回は新型コロナウイルス感染拡大の影響で見送られた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン