/

この記事は会員限定です

「ZOZO離れ」一変 アパレルと「復縁」、出店増

[有料会員限定]

アパレル不振のなかで、衣料品通販サイト「ゾゾタウン」を運営するZOZOの存在感が高まっている。新型コロナウイルスで外出を控える消費者の利用が増加。独自の値引き制度で退店を招いた一時の「ゾゾ離れ」から状況は一変し、ブランドの出店も増える。沢田宏太郎社長は前任で創業者の前沢友作氏とは対照的に、ブランドとの協調路線をとりつつデジタル化を急ぐ方針だ。

「売れる商品作りはブランドの仕事。餅は餅屋。もうプライベートブ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1087文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン