/

この記事は会員限定です

ハエが認知症治療を指南? 広がる医学研究での存在感

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

台所などでみかけるショウジョウバエ。うっとうしい存在だが、実は認知症やがん、希少疾患などの研究で存在感が高まる。人やマウスとよく似た細胞や分子の仕組みをもち、飼育や遺伝子操作が手軽にできることなどが魅力だ。研究者と医師をつなぐ枠組みも立ち上がり、ハエの活用を後押ししている。

「認知症の発症メカニズムを突き止めて創薬につなげたい」。そう語る東京都立大学の安藤香奈絵准教授が手にするのは、無数のショウジ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り902文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン