/

この記事は会員限定です

ユーロから資金逃避、コロナ再拡大で 円の独歩高も

[有料会員限定]

欧州で新型コロナウイルスの感染が再拡大し、投資資金の流れが変わってきた。夏までのユーロ高を主導してきた投機筋は積み上げてきた買い持ちを解消し、円を増やしつつある。3日の米大統領選挙の行方が波乱含みのなか、コロナ禍で欧州の経済活動が再び停滞すれば、安全資産として円が独歩高になる可能性がある。

2日の東京外国為替市場は米大統領選を控え、小動きだった。円の対ドル相場は1ドル=104円台半ばから後半で推移...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り984文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン