/

この記事は会員限定です

SNS中傷にどう対応 裁判簡素化で投稿者特定へ

[有料会員限定]

SNS(交流サイト)などネット上で中傷された被害者を迅速に救済するための新たな制度づくりが山場を迎えている。総務省は今夏、電話番号を開示対象に加え、投稿者を特定しやすくした。さらに現在は情報開示に必要な裁判手続きを簡素化する方向で検討を進めている。被害者を救済する一方で、投稿者の権利を損ねかねないと懸念する声も出ている。総務省を中心に進む議論のポイントを解説する。

――これまではどのように被害者を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り896文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン