/

この記事は会員限定です

ロシアが水素生産 エネルギー輸出多様化へ

2035年にまず200万トン 対日輸出も検討へ

[有料会員限定]

【モスクワ=石川陽平】ロシアが水素の生産と輸出に乗り出す。2035年に年200万トンを欧州やアジアに輸出する目標で、川崎重工業など日本企業と対日輸出の検討にも入った。世界で二酸化炭素(CO2)を出さない「脱炭素」の取り組みが広がる中、資源大国ロシアも化石燃料に依存するエネルギー輸出の多様化を迫られている。

次世代エネルギーとして注目される水素に関する新たな政府方針は、エネルギー省のソロキン次官が日本経済新聞...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2143文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン