/

この記事は会員限定です

地方でも成り立つ「百貨店」とは やまき会長に聞く

[有料会員限定]

破綻した山形市の百貨店「大沼」の建物を使い、商業コンサルタント会社、やまき(東京・港)が今夏、感謝閉店セールを開いた。同社は青森県八戸市の三春屋も運営、売り場を改装し新業態のサロンを設ける考え。各地で百貨店再生に取り組む創業者の山下修平会長に狙いを聞いた。

――大沼再開に名乗りを挙げ、セールを実施した狙いは何でしょうか。

「約40年間、全国で200カ所以上の商業施設の企画や運営に携わってきた。店の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1104文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン