/

この記事は会員限定です

苦境の地方百貨店、生き残り策は 三越伊勢丹HD社長

そこが知りたい

[有料会員限定]

三越伊勢丹ホールディングスが業績改善に向け構造改革を急いでいる。杉江俊彦社長はリストラを進めてきた地方店を、不動産賃貸の拡大やデジタル活用などで「大胆に変える」という。集客の目玉だった冬セールも収益面の効果が薄いとして規模を縮小する。新型コロナウイルスで経営環境が激変する中、生き残りに向け競争力を磨く。

不動産賃貸・通販に活路

――足元の新型コロナの影響はどうですか。

「5月ごろに想定したより客足の戻りが早い。9月は昨年の増税前の駆け込み需要の反動減(国内百貨店で前年同月比37.5%減)が響いたが、高額品や食品は堅調だ。一方、スーツや贈答品は今後も厳しい。カテゴリーごとの明暗が分かれるだろう」

――近年は地方店の閉鎖を進めてきましたが、追加リストラは。

「可能性は否定しないが残っている店舗は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1049文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン