/

この記事は会員限定です

三菱重工、次期戦闘機開発 「稼げぬ防衛」転機なるか

[有料会員限定]

三菱重工業が防衛省から次期戦闘機の開発を任された。「F2」戦闘機の後継として2035年の配備を目指す。これまでは米国の機種のライセンス生産するのが精いっぱいだったが、三菱重工が中核となって日本勢が主体的に開発に取り組むことになる。疲弊感漂う日本の防衛産業の転機となるか。

「国の防衛のためにきっちりやり遂げたい」。次期戦闘機の開発主体として防衛省と正式契約した10月30日、三菱重工幹部は気を引き締めた。

折しも...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1436文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン