/

この記事は会員限定です

オムロン、「選択と分散」で医療をFAに次ぐ新たな柱に

変革に挑む オムロン(中)

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

オムロンの「ウィズコロナ」戦略で最も注目されているのがヘルスケア事業だ。世界シェア5割を握る血圧計を生かし、2020年9月、米国で高血圧症の遠隔医療サービスを立ち上げた。目指すは心筋梗塞や脳卒中と呼ばれる疾病をなくす「ゼロイベント」。コロナ禍で高まるオンライン医療需要を取り込み、ファクトリーオートメーション(FA)事業と並ぶ事業に育てられるか。

「ヘルスケア事業はアフターコロナでも成長できる領域だ」。29...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1428文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経産業新聞をPC・スマホで!今なら2カ月無料

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。今なら2カ月無料の初割実施中!

日経産業新聞をPC・スマホで!今なら2カ月無料

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。今なら2カ月無料の初割実施中!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン