/

レゴランド一部値下げへ 年パス、地元つなぎとめ

名古屋市のテーマパーク「レゴランド・ジャパン」が、年間パスポート更新料を現在より最大で約25%安い6千円とするなど、4日から一部の料金を値下げすることが2日、分かった。更新料の値下げは初めて。

レゴランドは入場者数を公表していないが、新型コロナウイルスの影響で今年に入って厳しい状況が続いているとみられる。年間パス所有者のうち、約8割を占めるのが愛知、岐阜、三重の東海3県の顧客で、更新に伴う費用を引き下げることで、地元の顧客をつなぎとめるのが狙い。

レゴランドの運営会社は「新型コロナ感染再拡大の不安がある中、地元の顧客基盤を固めたい」としている。

現在販売している年間パスは、入場可能日の制限の有無や近隣施設を利用できるかどうかによって3種類に分けられ、いずれも2年目以降は割引される仕組み。最も安いものは大人が9900円、子ども(3~12歳)が6500円。更新する際は大人は7900円、子どもは5200円がかかったが、それぞれ6千円、3900円に値下げする。ほかの2種類も同様に割り引く。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン