/

ボールドライト、換気状況を地図上に表示

ボールドライト(東京・新宿)は、デジタル地図を作れるサービス「プラチナマップ」に店舗などの換気状況を可視化できる機能を追加した。自治体や観光施設、イベント会場での利用を想定する。

二酸化炭素(CO2)の濃度から換気が悪く人が密集しているところを判別する

あらゆるものがインターネットにつながるIoT機器を開発するcynaps(シナプス、東京・世田谷)の二酸化炭素(CO2)濃度計測サービス「hazaview(ハザビュー)」を取り入れた。ハザビューではCO2濃度や温度、湿度を計測するIoT機器で設置場所の空気の状態を把握し、Wi-Fiを通じてプラチナマップに表示する。

スタンプラリーやクーポンなどの情報を掲載できるプラチナマップには、施設内部の案内図を表示する機能もある。施設の場所ごとの換気状況を「見える化」することで、きめ細かなコロナ対策ができる。

換気の状況を把握するニーズは強まっているが、多くのサービスは施設管理者しか換気状況が見られなかった。来場者向けのサービスであるプラチナマップに組み込むことで、コロナ感染の予防につなげてもらう。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン