/

この記事は会員限定です

幸せ中心社会への転換(5) 4つの心的要因が寄与

慶応義塾大学教授 前野隆司

[有料会員限定]

これまで幸せ中心社会への転換がいかに必要かを、歴史的、経済的、経営的視点から見てきました。では、どんな人が幸せなのでしょうか。私たちの研究結果を中心に解説します。

経済学者のロバート・フランクは、他人と比較できる財を地位財、比較できない財を非地位財と名付けました。地位財はカネ、モノ、地位などですが、これらによる幸福感は長続きしない傾向があります。慣れや、より上を目指す効果によると考えられます。一方...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り645文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン