/

この記事は会員限定です

損保ジャパン、ペットボトル撮影で浸水被害を査定開始

[有料会員限定]
日経クロストレンド

202X年の夏、大雨特別警報が発令された集中豪雨で自宅が床上浸水の被害に遭ったAさん。水が引いて家財道具を整理していると、スマートフォンに火災保険を契約している損害保険会社からLINEにメッセージが入っていた。床上浸水の被害は火災保険で補償されるようだ。水災サポートというメニューから、浸水被害箇所を撮影・送信すると、保険金の目安額を算出してくれるという。撮影に必要なものは500ミリリットルのペットボ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2818文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン