/

この記事は会員限定です

首都圏企業で広がる書面・ハンコレス、業務効率化へ

[有料会員限定]

社内の決裁や取引先との契約を電子化する企業が首都圏で増えている。新型コロナウイルスで在宅勤務が広がるなか、書面のやりとりや押印など出社を前提としていた業務を見直す必要が出てきたためだ。業務効率化にもなるため、書面・ハンコレスの動きはさらに広がりそうだ。

不動産賃貸の保証サービスを手がける日本賃貸保証(千葉県木更津市)は10月、賃貸保証の委託契約手続きをオンラインでできるようにした。書面での手続きで...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1220文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン