/

ファーウェイ、半導体の生産ライン新設か FT報道

ファーウェイは米政府の輸出規制で9月中旬から半導体の調達を厳しく制限された=ロイター

【広州=川上尚志】英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)は2日までに、中国の華為技術(ファーウェイ)が外部委託する形で半導体の生産ラインの新設を検討していると報じた。ファーウェイは米政府の輸出規制で半導体の調達が厳しく制限されており、米国の技術を使わない半導体の生産体制を築き対抗する。

生産ラインが整ってもスマートフォンに使う高性能の半導体生産は当面難しいとみられ、先行きはなお不透明だ。

FTが関係者の話として報じたところによると、ファーウェイ向けの半導体生産ラインは、上海市の上海IC研究開発センターが立ち上げる。同社は2002年に上海市政府などによって設立され、オランダのASMLなど海外の半導体製造装置メーカーと人材育成や研究開発で連携実績があるという。

新設するラインでは、まず回路線幅45ナノ(ナノは10億分の1)メートルの技術を使う半導体を生産する見通し。回路線幅は小さいほど性能が高まり、45ナノは15年前の先端水準とされる。ファーウェイは21年末までに28ナノ、22年後半には20ナノの半導体を生産したい意向という。

20ナノの半導体を安定生産できれば、ファーウェイは高速通信規格「5G」の通信網で使う基地局などの通信機器の生産を継続できるとみられる。ただスマホでは、より高性能な半導体が必要となる。ファーウェイは2日、日本経済新聞に対し「現時点で回答することはない」とコメントした。

ファーウェイを巡っては米商務省が9月15日、米国の技術が関わる半導体の輸出を原則禁じた。米企業に限らず各国の企業も対象となる。ソニーなど米商務省から取引の許可を取得した企業もあるが、ファーウェイのスマホ生産に必要な部品全ての許可は出ていない。

半導体不足の影響で足元のスマホ生産は落ち込んでいる。米調査会社IDCによると、ファーウェイの7~9月期の世界スマホ出荷台数は前年同期比22%減の5190万台。4~6月期に世界シェア1位だったが、7~9月期は2位に落ちた。

ファーウェイは21年初めまでは半導体の在庫があるとされるが、その後はスマホの生産が難しくなる見通し。このため、ファーウェイはスマホ事業の一部の売却を検討しているとの観測も出ている。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン