/

この記事は会員限定です

[FT]CDS市場が示す不穏な兆候

ゾンビ企業増 回収率低下

[有料会員限定]
Financial Times

金融危機が起こった2008年には投資家やメディアは(国や企業の投資適格債券の信用力を示す)クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)の価格動向にひどく神経質になっていた。CDSはデリバティブ(金融派生商品)の一種で、債券投資家が発行体のデフォルト(債務不履行)リスクに対する保険として用いる。

異常に低い回収率

金融危機が深まるにつれて、CDSの価格は(危機の兆候をいち早く知らせる)「炭鉱のカナリア」の役割を果たすよ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2802文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

ジリアン・テット

Gillian Tett 英国生まれ。93年FT入社、ソ連崩壊時に中央アジア諸国を取材、97~2003年東京支局長を経て現在、FT米国版編集長。2008年にBritish Business Journalist of the Yearを受賞。2009年には「愚者の黄金 大暴走を生んだ金融技術」で英Financial Book of the Yearを受賞。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン