/

商船三井、砕氷LNG船を倍増 450億円規模投資

氷を割りながら北極海を運航する

商船三井は、氷を割りながら進める液化天然ガス(LNG)輸送船を倍増する。2023年をメドに合計450億円程度を投資し、3隻建造する。ロシア北極圏の生産基地「アークティック2」から、アジアや欧州の2つの積み替え基地までの輸送を担う。2054年3月期までの30年間で800億円の経常利益を見込んでいる。

輸送船は3隻とも韓国の大宇造船海洋で建造する。通常のLNG輸送船より建造費用が1.5倍ほど高いため、現在協議中のパートナー企業と50%ずつ出資し合う予定だ。1隻当たり約8万トンのLNGを一度に輸送できるという。

アークティック2は3系列あり、合計で年間1980万トンのLNG生産能力を持つ。ロシアのエネルギー大手ノバテクが60%出資するほか、石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)と三井物産の共同出資会社も10%出資している。貨物の8割は中国などのアジア向けに出荷される予定だ。

商船三井は18年以降、氷を割って進む輸送船をアークティック2の対岸にあるロシアのヤマル基地向けに3隻建造済みだ。これまで日本や中国、欧州に約100回輸送した実績がある。ヤマルからアジアまでは欧州からの西回りだと約35日かかるが、氷を割れるLNG船なら航行できるベーリング海峡経由の東回りは15~20日まで短くなり、消費燃料も約3割減らせる。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン