/

この記事は会員限定です

福井県の運転40年超原発 関電、地元同意へ課題多く

[有料会員限定]

関西電力は3日、大飯原子力発電所4号機(福井県おおい町)を定期検査のため停止する。福井県にある同社のすべての原発が3年半ぶりに稼働ゼロとなる。計画通りなら12月下旬に高浜原発3号機(高浜町)が再稼働するものの、運転40年超の原発3基の再稼働に向けた地元同意の見通しは立っていない。原発の現状と現地から見た課題をまとめた。

福井県内に関電の原発は11基あり、4基の廃炉が決まっている。残る7基のうち、高浜3号機...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1347文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン