/

この記事は会員限定です

三菱UFJ、高速・大容量の決済基盤 米アカマイと開発

[有料会員限定]

三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)は米アカマイ・テクノロジーズと設立した子会社で、ブロックチェーン基盤を使った高速・大容量の決済ネットワークサービスを2021年に始める。大量のデータを従来よりも低コストで高速処理でき、クレジットカードの少額決済などにも応用する方針だ。

まず21年2~3月にセイコーホールディングス子会社のセイコーソリューションズの決済端末「クレピコ」の決済センターと、クレジットカード会社間の通信サービスを開始する。三菱UFJニ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り420文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン