/

学術会議「閉鎖的で既得権益」 首相、初の予算委

衆院予算委員会は2日、菅義偉首相と全閣僚が出席して基本的質疑を実施した。首相は就任後初の予算委で、日本学術会議について「閉鎖的で既得権益になっている」と指摘した。

学術会議が推薦した会員候補の任命拒否については「官房長官当時から懸念を持っていた」と言及した。「私自身、かなり悩んだ。前例踏襲はやめるべきだと判断した」と話した。自民党の大塚拓氏への答弁。

新設するデジタル庁について「大胆に規制改革を断行する突破口にする。各省庁が持つ権限を含めしっかり付与する」と述べた。

新型コロナウイルスによる経済的影響への対応には鉄道や航空会社の資金繰り支援に言及した。「実情に応じた措置で公共交通機関を守りたい」と語った。

国内旅行の需要喚起策「Go To トラベル」事業は感染状況などを見極めて期間延長を検討する考えを示した。自民党の下村博文政調会長の質問に答えた。

午後は公明党の竹内譲政調会長や立憲民主党の江田憲司代表代行らが質問する。野党は学術会議の会員任命拒否問題を追及する。野党が求めた梶田隆章会長と杉田和博官房副長官の予算委への招致は与党が拒否した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン