/

この記事は会員限定です

「脱ハンコ」自治体でも加速 働き方改革を後押し

仙台市、最大4100書類/福岡市は「市内完結」なら全廃

[有料会員限定]

政府が進める申請書など行政手続きの押印廃止の動きを受け、地方自治体でも「脱ハンコ」が加速してきた。「手間」を省くことで、住民サービス向上に加え、オンライン化や職員の働き方改革の後押しも期待されている。

「市民や職員にとって効率化につながることが望ましく、押印廃止を推進すべきだ」。仙台市の郡和子市長は10月中旬の記者会見で検討を急ぐ考えを強調した。児童クラブの登録申込書など市民が提出する約600種類...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1207文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン