/

タイ国王「全員を同様に愛す」 デモ拡大に異例の取材対応

【バンコク=村松洋兵】タイのワチラロンコン国王は1日、王室改革などを求める反体制デモの広がりに関して「すべての人を同様に愛している」と述べた。米CNNと英チャンネル4の取材に答えた。国王が外国メディアの取材に応じるのは極めて異例だ。

王室支持者の出迎えに応えるタイのワチラロンコン国王とスティダー王妃(1日、バンコク)=ロイター

首都バンコクの王宮前に集まった王室支持者を歓迎するために外に出た国王に、リポーターが質問した。国王の権限縮小を含む王室改革要求に譲歩の余地があるかと問われ、「タイはコンプロマイズ(譲歩、和解)の国だ」と述べた。

若者を中心とする反体制派は、国王がドイツに長く滞在し税金を無駄遣いしているなどと主張。王室改革を政権退陣、憲法改正と並ぶ主要な要求項目としている。不敬罪があるタイでは王室批判はタブーとされてきた。

反体制派のデモが広がるなか、王室を強く信奉する保守派も集会を連日開いている。王室のあり方を巡って国民の分断が深まる懸念が出ている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン